生後一ヶ月と6日:助産師さん訪問でお茶やコーヒーを出すか迷ったあげく

どうやら保険センターの助産師さんが、生後四ヶ月までの赤ちゃんがいる全てのおうちへ訪問しているそうで。

先日我が家にもきてくれました^^

スポンサーリンク

お茶やコーヒーを出すべきか悩んだ末

助産師さん訪問にあたり、まず悩んだのがこれ。お飲み物です。
産後間もないので家の中が荒れているのは承知の上で来てくださったとしても、飲み物がねぇ。

すんなり出せればいいんですけども。
子供抱っこしてだとやりにくいし。

苦手な飲み物があるかもしれないし、コーヒーとお茶どちらにします?なんて聞いてみちゃう?
季節柄寒かったり暑かったりするから冷たいのとあたたかいのでも迷う…。

特に我が家は今電気ポットの場所が微妙。
子供のお尻ふきでお湯を使うから、キッチンに置いていないしコンセント的に移動は無理。
(コンセント抜いても出てくるタイプじゃなかった)

いっそ出さないおうちもあるのだろうけれど、来てくださるのだから気持ち的にも何かしたいし…。

で、本当にちょっとの間だけど結構真剣に悩んだ私が行き着いたのはこれ。

小さいペットボトルの緑茶!

緑茶なら、コーヒーよりも苦手な確立が低そう。(勝手なイメージ)
グラスや氷の準備も要らないし、何よりその場で淹れる必要がない!
もしも残したり一切飲まなくても、お持ち帰りください~って渡しちゃえばOK。

よし、これだ、これでいこう!

なんて意気込んでみたものの、結局その日は母が我が家に来てくれていたので母に任せました。
(ちょっとだけど真剣に悩んだのに笑)

母曰くミニペットのお茶ではなくて、カップタイプのコーヒーがいいんじゃないかとのこと。
前日マウントレーニャ的なものを買っておられました。

当日助産師さんにお出ししたものの手をつけずだったので、帰りに「よければお持ちください~」ってお渡ししましたよ。

もしも飲まなければ誰かにあげていることでしょう。
それでいいよね。

助産師さんとのお話の内容

お話はこんな内容でした。

・体重測定
・身体チェック、うつぶせ寝
・ワクチンの説明
・子育てサロンの案内
・これからの過ごし方
・産後うつチェック
・股関節の相談

体重測定と身体チェック、うつぶせ寝

baby-784609_1280

助産師さん、大きな黒いかばんを抱えて来てくださったと思ったら、中身は体重計でした。
階段で上がるお宅だと大変そうです^^;

体重は一ヶ月と5日経過のこの日で退院時よりも1076g増と恐らくのんびりペース。
それでも少しずつ増えているので嬉しい♪

その後は助産師さんがはだかんぼのわが子をひっくり返したり、上手に両手が握れるか確認したりしていましたよ。

うつぶせ寝は毎日5分するといいそうで、その場でさせました。

結構力強く脚をふんばっていて母と感動!

けどその姿がとっても愛おしくなってきて、早く抱きしめたい気持ちを堪えながらでした。笑

授乳中や抱っこをしている時ってあごのお肉がすっきり見えるせいか、顔がとってもお兄ちゃんに見えるんですよね。

けどうつぶせの時の顔は当たり前だけど、お兄ちゃんよりは赤ちゃんって感じで、とっても愛おしいというか、きゅん~!ってなちゃうのです。親ばかです。

ワクチンの説明

確実にこんがらがるであろう予防接種。
母子手帳をもとに説明と、近所の小児科の一覧表もくれました。

数ヶ月待てば無料になるものもあるそうなのですが、そこから一回目を受け始めると後が詰まってくるので有料でも受けておいた方がいいというアドバイス付きでした。

一ヶ月検診の時には、「無料になるので急がないのならまだ受けなくて大丈夫ですよ~」と言われていたのですが、考えてみたらたしかにギリギリになるので受けておくことにします。

聞けてよかった!

子育てサロン

mother-84628_1280

思っていたよりも色々な所でやっているみたいでチラシを頂きました。

わが子を産んだ産院でもやってはいるけど、タクシーだと往復5000円くらいかかるし、新生児用の抱っこ紐がないので公共の交通機関もまだ怖いしで迷っていました。

(抱っこ紐は首が据わってから買うつもり)

けれど他にも色々あるのなら産院のはわざわざ行かなくてもよさそう!

気の合うママ友さんができると嬉しいなぁ。

これからの過ごし方

・産後一ヶ月をすぎてもまだまだ体は元通りとはいかないので、できるだけ赤ちゃんと一緒に昼寝をすること。

・晩御飯の用意はできなくて当然、自分を責めることは全くない。

・旦那さんが仕事から帰る前に、「弁当買って帰ろうか?」と連絡をくれるのが当たり前くらいに思っていい。

・旦那さんは早く帰るのが仕事。

・…と、助産師さんが言っていたと言っちゃってください!笑

とのこと。

うちの夫くんはとても協力的で家のことは洗濯や掃除機やお皿洗いや、時にはご飯を作ってくれるので本当に助かっています。(感謝)

それでも助産師さんがこう言ってたって言っちゃってって言ってた!ってアピールはしておきましたけどね。笑

こんなに協力してもらっていても、本当にフラフラの日が産後二ヶ月でも普通にあります。

体力には自信があった私。

思うようにはいかないものですね。

産後うつチェック

チェックシートに記入をしました。

子供がかわいいと思えない時はあるかとか、眠いのに眠れないことはあるかとか、旦那さん・母親になんでも話せるかどうか、などなど。

結果私は全く問題なしでした。

夫と母にかなり頼っているのでね、そりゃそうかも。

股関節が硬い件について

baby-1231443_1280

一ヶ月検診で股関節が硬いので股関節を開くようにストレッチを毎日するように言われたことも助産師さんに話してみました。

脚に力を入れてしまうので、返って脱臼させてしまわないか怖くてあまりできていないことも伝えました。

すると助産師さんは、「ストレッチをするというアドバイスは聞いたことがない」とのこと><

自分の勉強不足かもしれないが、これまで勤めた産院でそういうアドバイスをしたところは一つもなかった。

脚に力を入れている時には無理にしない方がいいと思うし、怖い思いをしながら無理に毎日する必要はないと思う。

三ヶ月検診まで二ヶ月もあるのに怖い思いをしながらストレッチをしてあげるのは不安だろうから、予防接種を受ける病院でも診て貰ったらどうか?

…とのこと。

小児科の先生が言うことはどこでも当たり前のものかと思っていたけれど、そうでもないんですね><

ネットでもストレッチをすすめているサイトはあるのですが、色んな情報を見聞きしてしまうと、どれを信じたらいいのか迷ってしまいます。

結局はどの考え方を選ぶのかは自分次第なんですけどね。

一ヵ月後の予防接種の時にしっかり診てもらおうと思います。

あとがき

産後はできるだけマイペースでいたいのでお客様が来るのは煩わしいと思ってしまうのですが、助産師さんが親しみやすい方だったので楽しい時間を過ごすことができました。
(ギラギラのおばちゃんとかだったらどうしようか思ってた)

夫婦二人ともど田舎育ちで、今住んでいる地域の子育て事情はわからないことばかり。

今回のような機会があるだけでも不安な気持ちが減って、とてもありがたいなぁと思いました。

本日もお読み頂きありがとうございました^^!

ぽっちりして頂けると、とても励みになります。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 30代主婦へ 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

両親や祖父母へ♪思わず笑顔になるお花を贈ろう♪ギフトdeお花屋さん
大人可愛いITEMを1980円で毎月選ぶ【STYLEST】
トップへ戻る