赤ちゃんのハイハイに向けて厚さ2㎝のジョイントマットを購入!静電気はおきやすい?古めアパートでお恥ずかしながら公開

赤ちゃんがハイハイを始めたら絶対必要なイメージのあるジョイントマット。
(ハイハイマット?フロアマット?正式名所がよくわからない。)

できるだけものを買いたくない、増やしたくない我が家でも先日購入し敷き詰めたのでレポです。

赤ちゃんがいる家庭だからと言って本当にジョイントマットは必要なのか?
決して安くはないけれど、使ってみて落とし穴はあったりしない?
臭いがきついというのは本当?
実際に安全性は増すのか?
部屋のイメージがダサくなりそう…。
コルクマットとの違いは何?
静電気がおきやすくなる?
などなど、私と同じ疑問を抱くお母さんの参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

赤ちゃんのハイハイが始まる前に安全性確保!我が家が買ったジョイントマットはこれ!

まず先に紹介だけしておくと、我が家で購入したジョイントマットはこれです。

(高い…)

そろそろハイハイしそうな我が子と、冷たい床の我が家

我が家では一応、ミニマリズムを取り入れた生活をしています。
(産後崩れてきてはいるものの、一応ね)

過去記事→断捨離が成功した決定的な本と私のミニマリズム。手放したからこそ入ってきた。

なので、床にできるだけ物を置きたくない!
床に物を敷くということ自体にも抵抗があります。
それに床にジョイントマットを敷き詰めると、マットと床の間にゴミが溜まったり蒸れたりしそうだし、フローリングそのままの方が掃除がしやすそうと思っていました。

けれど考えるのを後回しにしているうちに、わが子はどんどん成長していきます。
最近ではずりバイの一歩手前くらいで、前には進みませんが腹ばいのままでうしろに下がったり、くるくる回転したり。寝返りでコロコロ転がったり、少し目を離せば結構な範囲を移動していてヒヤッとします。

(つい先日までは子供がまだまだ動き回らなかったので、手作りのブランケット的なものを敷いて済ませていました。)

そこでやっとジョイントマットと向き合い始めた私。
そもそも敷くべきなの?な疑問からスタートしました。

そもそもジョイントマットは必要か?

子供から危険因子を取り除いてばかりでは、子供にかえって悪影響なこともあるのでは?
偏屈な私はまずそんな疑問から抱き始めます。

たまに本とかでみかけたりするんです、ストーブだって熱いということを認識させた方がいいとか、きちんと教えれば鋼の包丁を一歳頃から使ってお手伝いできる、とか。
(これがイコールで私の今の考えというわけではありませんが)

なのでそもそも床をやわらかくする必要はあるのか?子供にとっては逆に歩きにくかったり、発達を妨げることになったりしないのか?なんて疑ってしまうわけなんですよ。

で、調べてみたんですが、さらっとで終わりました(笑)

だって、敷くことのメリットの方がたくさん出てきて、それを上回るデメリットが存在するのかを調べつくすのが面倒になってしまったんです(いつもの中途半端)

なるべく何事も時間をかけずに子供と過ごす時間にあてようと思っているといういいわけもあって、買うことに決めました。

ジョイントマットを敷くことのメリット

私がジョイントマット購入前に感じたメリットは以下です。

・床が柔らかくなれば、赤ちゃんがハイハイで膝をついたり、頭をごっちんこしたりしても安全性が増す。
(ぶつけてもいいということにはなりませんが、固い床よりはマシ。)

・走り回るようになっても、下の階に響きにくくなる。

・思い切り動き回れる環境を用意してあげることで発達促進につながる。
(ハイハイは脳の発達にとてもいいそうです)

・食べ物や飲み物をこぼしても絨毯よりはるかに拭きやすい。

・フローリングだけよりも部屋の中があたたかくなる。

・フローリングに傷がつくのを防いだり、ソファや冷蔵庫の足などの跡がつきにくくなる。

・カーペットをなくすことで掃除がしやすい。

ざっとこんなところでしょうか。

実際に敷いてみて感じたメリット、デメリットは最後の方でまとめます。

で、ミニマリズムの観点でいうと、敷くことの方がデメリットに感じていたのですが、もしかしたら敷いた方がミニマルなんじゃ?と思ったことも購入の決め手となりました。

ミニマリズムからみたジョイントマットの必要性

我が家は古いアパートですが、リビングは一応フローリングです。
私の理想としてはカーペットなどは一切敷かない方が、①掃除がしやすく、②買い替えるものもなく、③埃が立たずに快適なのです。

ただ我が家はフローリングのままだと床が冷たくて体が冷えてしまうので、テーブルの下にはミニマリズムに目覚める前から使っていたラグ、キッチン前にはマットを敷いていました。

どうせ何かを敷かなければいけないのなら、ジョイントマットだけにした方が掃除がしやすくて、埃も立ちにくそう。全体的にあたたかくもなるかもしれない。

そう思い買うことに決めました。
(考えるまでもないのかもしれないけど、いちいち考えないとわからないのが私)

高いお買い物は楽天のお買いものマラソンで少しでもお得に!

で、どうせ高い買い物をするなら楽天マラソンの時にしよう!と楽天で購入しました。

買ったのは2㎝厚を12畳分で24.900円。
(送料込ですが、地域によっては追加料金がかかるようです。)

通常なら100円で1ポイントなので、249ポイント。
この時私は常備しているタンポポ茶や、コンタクトレンズ、洗剤、冷え取り靴下なども合わせて購入したので、5倍になったとすると1.245ポイントゲットできました!
実質24.900円 - 1.245ポイント = 23.655円になりますね^^

厚さについては1㎝のものでも十分なのかもしれませんが、レビューを見ると「1㎝では頼りないので重ねて何かしらを敷いている」という声がいくつかあり気になったのと、我が家は床が冷たいこともあり、2㎝にすることにしました。

6畳分だけ買って一部に敷くというのも考えましたが、
キッチン周りの床が一番冷たくて足が痛くなるので、どうせならキッチンからリビングまでを全部ジョイントマットにしてしまおうということに。
床に境目があると見た目が狭く感じるのも嫌ですしね。

ということで注文したのは12畳分。
リビングとキッチン合わせて11.5畳の床、足元がものすごく冷える脱衣場とトイレにも敷くことにして、もしも余ったらもう一つの6畳の部屋にも敷こうと考えました。

お値段的にはとっても痛い出費だけど…えいやーっ…!(清水寺から飛び降りる掛け声)

大判は楽ちん!ジョイントマットを敷いてみた!

届きましたのがこちら。注文したのは12畳分で4箱、画像は半分の6畳分です。

大きな箱で4箱届きましたがうっかり撮影し忘れた。敷いた後に残った箱で撮りました。

敷き詰めた当日は、私の親に子供を見てもい、夫婦で作業です。
(たまにはこういう作業も楽しい)

まずは夫くんに箱を開けてもらいます。
(部屋着の夫氏)

保証書が入っていました。
保証期間は三か月以内だそうです。

中にはジャストサイズでマットが入っていました。
ひと箱に16枚入りです。

私が注文したのは大判サイズで、1枚61.5㎝あります。
色はベージュです。
本当は濃い茶色が好みなんですが、家の中が明るくなるように、子供向けに温かみのある柔らかい色に、ということでベージュにしました。

箱から出してみると、一枚一枚すべてに、直線になるパーツが2本ずつついています。
これは嬉しい~!!

では早速敷いていきましょう!

ちなみに敷く前の我が家はこんな感じ。
ラグがめちゃくちゃ汚いなぁ。たしか6年くらい使いました。

ラグたちを片付けて~

ソファもカラーボックスも隅に寄せて、敷いていきます。
これはソファのある場所。

私がひたすら直線パーツを外して夫くんに渡していき、夫くんはひたすら敷いていきます。

どんどん敷いて…

もくもくと敷いて…

とにかく敷いて…

ちなみに一枚一枚についている直線パーツ、ないと困るのですが実際は捨てる方が多くてちょっともったいない気がしました。

後日ゴミ袋いっぱいの直線パーツを捨てることとなりました。

で、必ず必要になってくるのが端の処理です。
特に我が家は部屋の角がやっかいなんですよね。
(たしか風水的にも良くないよねこれ。)

形が合わない部分を切るのは私の作業。
(私→こういう作業が得意ではない癖に好きなのでやりたがる。夫くん→あまり器用でない。嫁に文句を言われるよりやらせておいた方が平和。)

こんな感じの部分を…

こんな感じに切って合わせます。

切るのは家にたまたまあったカッターを使いました。
厚さ2㎝なので切る作業は結構大変。
しかも断面がかなりぼそぼそになります。

定規をあてて少しずつ切り込みをいれて切りましたが、
もっと上手な切り方があるのかもしれませんね。

ちなみに使った定規はこれ。

手芸用に買ったものなんですが、かなり重宝しました!
角にあてて測りやすいし、メモリが見やすい。
大きいので切る時にずれにくいです。
冗談抜きで一家に1枚あるといいと思う。

あとはひたすら切る作業。

角だけじゃなく、壁側も長さが合わなかったのでひたすら切る。

ちなみにテレビの配線、壁にくっつけていたけど、子供の目に触れないようにマットの下にしちゃいました。

ストーブ周りビフォアフター。

なんかずれてしまったけど良し(笑)

だってね、左側は切らなくても納まっちゃったのですよ。
どうせならぼそぼそになるから切りたくないじゃないですか。

けど右側は切らなきゃ納まらないとなったら、あんまりストーブに近いのも怖いから余裕もって切ったじゃないですか(笑)

けどあとになってちょっと後悔…。
余ったら切りなおそう!

で、敷き詰め終わったらこんな感じ!

家の中が明るくなったーーー!!

もう1度ビフォアフターでご覧ください。

↓ビフォー

↓アフター

↓使用前

↓使用後

↓これが

↓これ

冬の季節は特に日当たりが良くない我が家ですが、いっきに明るくなりました!

これだけでももう、敷いて良かった!

足の感触も弾力があって心地いい、あたたかい。とっても落ち着きます。
この感触だけでも家全体の居心地が左右されるんじゃないでしょうか。
前までは固くてひんやりで、すぐ足が冷たくなったり痛くなたりしていたもの。

一週間後の感想

敷いてから一週間後の感想をまとめておきます。
これからも気が付いたことがあれば追記したいと思います。

ジョイントマットのメリット

・くつろぎやすくなった。
・赤ちゃんが動き回っても安心なのは本当だと思った。
・足元があたたかい、気持ちいい。
・家の中が明るくなった。
・こまめに掃除をしたくなるようになった。
・臭いは感じなかった。

ジョイントマットのデメリット

・静電気が頻繁に起こるようになった。
・ゴミが目立つ。

やっぱり、床が明るい色だと部屋全体が明るくなりますね!
冬は日の光が入りにくいのですごくうれしい♪
二色をチェック柄のようにするのは私の好みじゃなかったのと、狭く感じそうだったので一色にしましたが正解でした!

そして一番重要な赤ちゃんの安全面については、やはりクッション性があるでの頭をぶつけても床に直接よりは遥かにいいだろうと感じました。
自分の足での感触がこんなに違うんだから、赤ちゃんにとってもそうだろうなと思います。

実際床に寝せる時に頭がかるくあたってゴチッという音がしていたのが、やわらかい音に変わりました。

これでどんどんぶつけさせられるぞー!ということにはなりませんが、何か起きてからでは遅い。
安心材料になるのなら飛び降りて買った甲斐がありました。

赤ちゃんだけでなく、家族の足元があたたかくなったのもとても大きなメリットです。
やわらかくて心地がいい上にあたたかい。
これだけでかなり我が家がくつろげる空間となりました。

ジョイントマットを敷く前は、ストーブの前で小さくなってくつろぐか、ソファの上だったのですが、今では自然とキッチン前のスペースやテーブルの周りでも子供と一緒に遊ぶ事が増えました。
家全体でくつろげるようになったという感覚です。

これなら子供がハイハイをして家中を駆け回っても安心だし、大人で居心地がいいということは子供にも同じなんじゃないかと思います。

それと気になる臭いですが、特にきつく感じることはありませんでした。
私は家中の洗剤を自然のものにしてから、強い香りが一層苦手になりました。
(もともと生理前なんかはにおいがダメになるタイプだった)
たまに頂き物の洗剤で洗濯をすると家中に香りが充満して具合が悪くなったりします。
なので臭いに鈍感な方ではないと思います。

レビューでは気になるという方もいたので一概には言えませんが、私の場合は気になりませんでした。
マットの色にもよるのかなぁ。

そして良くも悪くも、ゴミが目立つようになりました。
楽天のレビューにもあったので覚悟はしていたのですが、髪の毛一本落ちていても目立って気になる。

なので掃除機をこまめにかけるようになりました。
正直今までは、毎日かけないこともあったんです^^;
ま、今日はいっか!なんて(ダメ母)

けど今では毎日かけるようになりました。朝夕二回かけることもあります。
朝のうちにかけてスッキリしちゃうぞー!と思えるようになって、心身健康な気分です♪ってそれが普通ですかね(笑)
(それにいつまで続くのか…)

汚いですがゴミの画像、こんな感じです^^;
髪の毛と埃。別の場所から寄せ集めて撮影(笑)
比較画像がないですが、フローリングよりも目立ちます。

ジョイントマットは静電気が起こる!

そして私が一番デメリットに感じているのは、静電気が頻繁に起こるようになったことです。
晩御飯の準備中、キッチンにあるふきんを手に取ろうとしたらバチッ!
蛇口をひねろうとしたらバチッ!
冷蔵庫のドアを開けようとしたらバチッ!

結構ね、心臓に悪い…。

冬で乾燥しているのも原因の一つかもしれませんが、今までは一度もなかったのが、今では一日で数回起こります。
小さい静電気の時の方が少なくて、はじかれるような衝撃を感じることの方が多いです。

今のところキッチンと冷蔵庫でしか起こりませんが、子供にもバチッとこないかが心配です。

実際に敷いてみてメリットの方が大きく感じているのでそれ程気にはしていませんが、気になる方は少な目の購入からにした方がいいのかもしれませんね。

今更だけどコルクマットという手もあったのかもしれない。

ジョイントマットで厚さ2㎝のものだとコルクマットは存在しないと思い込み、よく調べずに購入したのですが…。

コルクの方が、静電気が起きにくいのかもしれません。
それに見た目もおしゃれだし、ゴミも目立ちにくい気がします。

調べてみるとコルクマットは静電気が起きにくく、アレルギー反応も起きにくいというページがありました。

参考サイト→コルクマット通販

以下一部抜粋です。

静電気を帯びないというコルクマット
(中略)コルクマットは、表面がリグニンやスベリンという木化成分でできているコルクとなっています。そのため、静電気が帯電することがなく、快適な状態を保っています。
 従って、ヒトやペットと接触するような敷物として、コルクマットは、アレルギー反応を起こさないという生化学的にも、そして、電気化学的にも、大変優れたものである言うことができます。

厚さが2㎝のものはなかなかないのかもしれませんが、コルクマットもなかなかよさそうですね。
いつか引っ越したらこれも視野にいれよう。

まとめ

ジョイントマットはクッション性、防音性、保温性、どれもバッチリ!

家の中が明るくなるだけでなく、家族の居心地のいい環境へと変えてくれました。

静電気には怯えながらの生活となってしまいましたが、そこはまぁOK。

思い切って購入して本当によかったです^^

あまった直線パーツで子供の冠にして遊んだら、思いのほか似合いすぎていてとってもかわいかった(親ばか)

迷っている方は是非敷いてみてください^^

とっても心地いいですよ♪

私が購入したジョイントマット(2㎝厚)はこちら。
以下のリンクは全て6畳のものです。

同じシリーズで1㎝厚はこちら。

コルクマットはこちら(厚み0.8㎝)

本日もお読み頂きありがとうございました^^!

ぽっちりして頂けると、とても励みになります。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 30代主婦へ 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

両親や祖父母へ♪思わず笑顔になるお花を贈ろう♪ギフトdeお花屋さん
大人可愛いITEMを1980円で毎月選ぶ【STYLEST】
トップへ戻る